メニューのブログ一覧から最新記事が見れます!

「印象派なう」であなたの写真が簡単に印象派風に!これであなたもモネ超え!ゴッホ超え?!

スポンサーリンク
その他
スポンサーリンク

みなさんこんにちは。ブログ投稿者のむきたまするです。

みなさんは、美術館に行ったりしますか?

僕は最近は行けてませんが、月1くらいで各地の美術館によくいきます。

僕は西洋画が好きなんですよね。特に印象派。フェルメールのような輪郭がしっかりした写実的な絵も好きなんですけど、モネゴッホルノワールに代表される印象派の絵は大好きです。

僕は特に、モネの描くにハートを撃ち抜かれました。多少印象派について知っている方であれば、モネと言えば「睡蓮すいれん」をイメージするかもしれませんが、僕はその「睡蓮」よりも、なんともとらえがたい雲やもやの空気感をうまく表現しているのに魅せられました。

モネ作 『Houses of Parliament, London』

分かります?このもわもわ感。

これがたまらんのですわ。

他にもポール・シニャックの作品も好きなんですよね。

Notre Dame Date:1910 Artist: Paul Signac French, 1863-1935

調和を保ちながらよくこんな色合いに仕上げられるなぁと感服するんですよね。

すみません。脱線しすぎました笑

というわけで今回は、印象派に関わる今回は一風変わったアプリをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ただの写真を勝手に印象派風に変えてくれる!「印象派なう」

まずは、こちらの写真を見ていただきましょう。

メリケンパークにて

僕が神戸で撮った写真です。沈む夕日をバックにポートタワーが映える僕の大好きな写真のうちの一枚です。

これがなんとあるアプリを使うと…

印象派風に早変わり!

しゅ、しゅげぇええええー!

このように、自分の写真を印象派風に変えてくれるのが「印象派なう」というアプリ。

自分の撮った写真をAIが勝手に判断して印象派風に変換してくれるのです!

いいなぁ!!!!

他にも、いろんな自分の写真を印象派チックにしてみたのでBefore→Afterを見てみてください。

(スマホの方は、スクロールしにくくてすみません。写真の部分ではないところをスクロールすれば、いい感じにスクロールできると思います。)

兵庫県立美術館で青りんごとともに

このように縦にのっぺりした感じにもできる。

ドイツの港街の一角で

しょうもない写真もおしゃれに…?

ホテルで正岡子規風な写真を撮る

自然の風景もあっという間に点描画風に!

南禅寺の庭園にて

線画チックにも点描画チックにも変換できるのが面白いですよね。

また、線の太さを太くしたり細くできたり、色味を足したりできるなど、細かい調整もできるようになっています。

他にも、500円課金してプレミアム版を購入すればスーラ風シニャック風にも変換できます。

もっと印象派を追求してみたい方はお試しあれ!

正直、印象派風に変えない方が美しい写真もあります。上の最後の南禅寺の庭園の写真は変換する前の方がめちゃくちゃ美しいと思う。(自分のお気に入りの写真です。いい写真だよね!)

ですが、印象派風に変えてみることによって味のある写真が作れますし、それはそれで面白いですよ!

たまに変換に失敗して味のある作品が誕生することも

たまーに、AIが認識に失敗して、変換に失敗することもあります。それはそれでホラーな写真ができて笑える。

しかし、いろんな写真を印象派風に変換して遊んでみると案外おしゃれな写真ができるかも…?!

基本は無料なので、ぜひ、以下のリンクからダウンロードして、自分の写真や自分がとった風景を印象派チックに変換して遊んでみてくださいね。

iPhoneの方はこちら

‎印象派カメラ
‎印象派なうは、写真を印象派のような絵に変換します。 変換方法は、点描、線画などから選択でき、変換を繰り返すことであなた独自の絵を作成することもできます。 ※「絵の具大盛り」は、他の変換をした後に使うと効果的です! さらに、作成した絵には、サインを入れることができます。

アンドロイドの方はこちら

印象派カメラ - Google Play のアプリ
写真を印象派の絵のように変換!iOSで10万ダウンロードされたアプリが遂にAndroidに登場!!

というわけで、以上、むきたまするがお送りしましたー。僕は芸術のほかにも香水なども好きでいろいろレビューしておりますので、ぜひ気になる記事があればご覧くださいね♪

また、ためになる情報も随時発信しておりますので、最新情報を見逃さないためにもツイッターのフォローなどよろしくお願いしますね。最近どんどんフォロワーが増えてきて、自分の記事をご覧になる方が増えてくださり嬉しいです。

では、また別の記事で~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました